ミノキシジルは薄毛や抜け毛で悩むすべての方を救う成分です。

薄毛の種類

AGAの治療

薄毛や抜け毛が起こるAGAの症状は、一度発症してしまうと元の健全な状態の戻すことがかなり難しいとされています。
そのため、一度AGAだと診断された後は、専門医のもとで治療をすることが一般的です。
毛髪の再生は、ホルモンや細胞や関係など医療分野になりますからそれは医師による治療が必要不可欠になります。
だからこそ、AGAが発症した場合は専門医による治療を受けるべきなのです。

ミノキシジルは、錠剤タイプと外用薬タイプが有ります。
これらは、どちらもAGA治療に使われますが最近は外用薬が使われることが多いようです。
その理由は、ミノキシジにはの副作用があるためだと考えられます。

その副作用とは、ミノキシジル本来の効果である血管拡張による血圧低下の作用です。
ミノキシジルを内服することで、血管拡張を促すことができますが、それによって血圧が下がるため長く服用すると人によっては心臓に負担をかけることもあります。
血圧が正常値の状態で、薬の効果によってどんどん下げていくというのは、当然ながら健康にも良くありません。
そのため、最近はフィナステリドと呼ばれる内服薬で脱毛を防ぎ、ミノキシジルの外用薬を使って髪に活力を与えて発毛を促すという方法が効果が高いとされています。
これによって、元々の発毛サイクルに近い状態を作り出すことができますし、今生えている髪の毛も強くすることができます。
頭皮の血行改善効果も期待することができますから、少しずつ発毛を実感することが出来るでしょう。
ミノキシジルは、薄毛の進行度合いが深い方も有用的に活用することができますし、それによって元の頭髪を手に入れることも夢ではなくなるのです。